blog

髪のメンテナンス

最近の女性は髪の傷みが当たり前の時代です。

パーマやカラー、縮毛矯正などお洒落にするにはやはりリスクが伴います。

少しでも傷みを軽減させたい、枝毛を減らしたいとお思いの方は多いはずです。

そこで少しでも予防できるメンテナンスをご紹介いたします。

まずはシャンプー。

以前ブログでご紹介させていただきましたが、アミノ酸系のシャンプーを使うのが一番ですが、シャンプーの仕方でも多少違います。

まずはシャンプーを手のひらでよーく泡立ててからシャンプーをすること。

直接髪につけて泡立ててしまうと髪同士の摩擦により傷みの原因になります。

手のひらは温度が高いので泡立ちやすいです。

泡の状態なら泡がクッション代わりになり摩擦から守ってくれます。

それと、シャンプーは髪を洗うよりも頭皮を洗うように心がけてください。

髪の汚れはお湯でほぼ落ちますが、頭皮は脂汚れなので指の腹を使ってしっかり洗いましょう。

そしてしつこいくらいよーく洗い流してください。シャンプーが頭皮に残留しているとフケや痒みの原因となります。

トリートメントやリンスは傷みが一番強い部分である毛先中心に塗布し、くしなどで梳かしながら上のほうに伸ばしてあげるとベストです。

梳かすことによりキューティクルが整い、手触りや艶がアップします。

シャンプーと違い、頭皮につけるものではないのでしつこく流す必要はありません。しっとり感が残るくらい流しましょう。

髪を乾かすときはタオルでゴシゴシ擦らず、タオルで包み込むようにしてしっかりと水分をとりましょう。

そのあとクシやブラシで絡みをとってからドライヤーでしっかり乾かします。

ドライヤー使うと傷むのでは?と思う方いらっしゃるかもしれませんが、それは大間違い。

髪が濡れていると、キューティクルが少し開いた状態になり、内部の栄養が逃げるほか、その状態で寝ると、枕などで擦れてダメージの原因になります。

頭皮も濡れている状態では雑菌が繁殖しやすいです。

適度なドライヤーなら傷むことはありませんし、むしろ艶も出て、まとまりも違います。

洗い流さないトリートメントなどをつけてドライヤーの熱から髪を守ってあげるのもいいですね。

この時期は乾燥してるのでそういったもので油分や水分を補ってあげるといいと思うでありんす。

たまには真面目なブログで失礼します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です