blog

ノンシリコンシャンプー

最近お客様によく聞かれるのが「ノンシリコンシャンプーっていいの?」

説明させていただきます。

まずシリコンとはなんぞや?

簡単に言えばコーティング剤です。

髪の表面に付着してブラッシング等による摩擦、ドライヤーによる熱、そして艶を出す、手触り感アップ、そんな感じの役割です。

これだけ聞くと良い物なんじゃないかと思いますよね?

確かに悪いものではないです。よく、「シリコンが毛穴につまる」なんておっしゃる方がいらっしゃいますがそれは間違いです。

人間は毎日毎日毛穴から脂が出ています。だからつまるわけないんです。つまったら脂が出てこなくなっちゃいますからね。

そんなことはありえません。

ただし髪には蓄積されていきます。髪を毎日洗ってるのにベタベタ、しっとり、ペッタリしてる方、それはシリコンの蓄積による原因が多いです。

シリコンを除去するには美容室でシリコン除去するか、ノンシリコンシャンプーに変えて少しずつ取れるのを待つしかありません。

話が少しそれましたが、シリコンは決して悪いものではないんです。

ただし、シャンプーに入ってるのがそもそもおかしい話なんです。

シャンプーは髪の汚れ、頭皮の汚れを落とすものなのに、コーティング剤いれてどうすんだって話なわけです。

リンスやトリートメントは手触りや艶を出すものですから入ってて当然です。むしろ、パーマやカラーが当たり前の時代ですから、せめてトリートメントやリンスにはシリコンを入れないと厳しいんです。

前に記事で書いたように、シリコンが配合されたシャンプーは、シリコンを入れなきゃいけないほど粗悪な洗浄剤を使ってるってことなんです。

ちなみに、代表的なシリコンはジメチコン、シクロメチコン、アモジメチコン

シャンプーの裏に記載されている成分から探してみましょう。

美容室の商品でもシリコンが配合されたものはたくさんありますが水溶性を使っているケースが多いため、蓄積されずに1度のシャンプーで落ちるしくみになっています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

カレンダー

    2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

月刊アーカイブ