blog

24時間テレビ

今日は24時間テレビですね。

 

2年連続で嵐がパーソナリティをやるということで娘も去年に引き続き、行く気満々です。

 

でもあれってどうなんでしょうね

 

嵐見たさに募金行く人がほとんどでしょ。

 

ようは募金をしにいくのではなく、嵐を見に行くついでに募金。

 

まぁそれでもたくさんのお金が集まればいいんでしょうけど。

 

最近ちょっと話題になってましたが、実際24時間テレビに出演する芸能人たちはギャラを貰ってるのか、ボランティアなのか。

 

日本テレビはノーギャラで出演していただいてますと言っていますが、真実はいかに。

 

まぁ確かに、24時間テレビで高額なギャラを貰ってたら説得力ないですよね。

 

でもノーギャラで、あんな辛い想いしてマラソン走るかって話です

 

 

「事情を知るプロデューサー」の話として、24時間の予算は総制作費が4億2000万円、CM収入合計が22億2750万円。

そのうち出演者のギャラと総制作費を除いて赤字にならない範囲で寄付に回すと書かれている。

 

そのギャラだが、今年メーンパーソナリティーを務めるグループ「嵐」に5000万円、

番組内で放送するドラマに主演する嵐・大野智さんにはプラス500万円、マラソンランナーの森三中・大島美幸さんに1000万円、

パーソナリティーの上戸彩さんに500万円、総合司会の羽鳥慎一さんに500万円。番組の合間で歌を披露する人には、

加山雄三さん、谷村新司さんクラスで200万円、その他懐メロ歌手や芸人などには10万~100万円が支払われるという。

これだけの額が支払われる理由は「拘束時間が長く、1人あたりのパーソナリティーの負担がかなり大きいから」とのことで、

最近テレビに出なくなった「懐かしの歌手」にとっては「おいしい小遣い稼ぎ」の場でもあるというのだ。

この記事を知った人からは、インターネット上で「ボランティア番組でギャラ貰うのって、日本くらいじゃないのか?」

「駅前で募金する女の子がバイト代もらってたら興ざめだよなあ」「障害者を食い物にして金をまきあげる偽善企画はまさに金サライ」など、

反発の声が上がった。

 

 

ということです。

 

ようはみなさん仕事ってことです。

 

当たり前ですけどね。

 

愛だけじゃ地球は救えません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

カレンダー

    2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

月刊アーカイブ